自分が不動産の売却を決断した理由

一括査定サイトを活かしてスムーズに売却

マンションを売却 | 一括査定サイトを活かしてスムーズに売却

しかしながら、一応は23区内の物件であることや比較的広さに余裕のある2LDKの約70平米という物件だったので、大きく買い叩かれることもないという期待もあり、不動産一括査定サイトを利用してみました。
反応が早かった4社ほどと直接連絡を取り合って、最も感触の良かった1社に絞り実際の物件を査定してもらいました。
マンションそのものの躯体は築年数の割にはしっかりしているという評価でした。
その物件はバブル期の1991年に竣工したもので、かなり基礎や構造体にはコストが掛けられている頑丈な物件であるとのことでした。
内装に関しても叔母がひとりで住んでいたということもあり状態については良好と判断されました。
古さはある程度は目立つものの年数相応であるということや、11階という眺望の良さも相まってかなりの好感触が得られました。
周辺にある同じ程度の築年数で同じ程度の広さを持つ分譲マンションの中古価格相場は、およそ3,500万円前後という事もあったので、査定価格は最低でも2,000万円は期待できると考えていました。
不動産会社の査定士の方からは、物件の良さについてかなり評価をしてもらえたため、結果として提示された金額は2,380万円という予想以上の高価格でした。
このことをその場で母に伝えると、たいへん喜んでくれました。
叔母には売却額の半分を渡すことを告げたのですが、それはいいから自分たちの新しい生活の資金としなさいという言葉をもらい、ありがたく使わせていただくことになりました。
今回良かった点は、不動産の一括査定サイトへの連絡ですぐに業者とのコンタクトが取れたこと、感触の良かった業者を直感的に選び、その業者さんから高額の査定が提示されたことなどが挙げられます。
とてもスムーズに、そして満足の行く不動産の処分ができたということで、家族ともども大満足しています。
その後は得られた資金によって無事に北海道へのUターンに成功しました。
自分の母と妻の両親の家の中間地点に新たな家を建て、新しい暮らしをスタートさせることができたので、本当に良かったと感じています。

海外転勤のためマンションを売却したくて|不動産の売却なら【いざ売る】 | 不動産売却 姫路